庭は主張だ。

おっさんガーデナーが、気に入った植物を気が済むまで植えながら、北国らしいランドスケープを作り続けていく、そんな庭の話。

2019-03-29から1日間の記事一覧

赤穂。

どうやら俺は赤穂系グラスが好きなようだ。 秋に庭をふと見渡すとあちらこちらで赤穂がなびいている。 ミスカンサス・パープルフォール、ペニセツムのレッドヘッドにカーリーローズ。 どれも美しい。 こちらは救世主、ムーレンベルギア・レバコニー。 ずっと…

日陰のプランツ。

ブルンネラ・アレキサンダーズグレート。 植えてから3年以上たっているが、まったくもってグレートにならない。 どんどんこぼれダネで増えていくし。 この品種を検索すると必ず出てくる画像がある。生産者なのかよくわからないが謎の大男がこのプランツと一…

自生種ゾーン。

シェードな我が裏庭は、自生種を中心としたゾーン。 もともと敷地内に多くの魅力的な種が自生していることもあって、それを移植したり、タネをまいたりしてたら、だんだんと良い感じに成熟してきた。 エゾトリカブト、ヒトリシズカ、フタリシズカ、クジャク…

エキノプス。

エキノプス、ルリタマアザミ。 シーズンオフになるとホームセンターで捨て値(最後は150円くらい)で売られていることもあって、つい釣られて買ってしまう。 こんな魅力溢れる植物を150円で入手しちゃって、本当に生産者さんには申し訳なく思うのだけど、…