庭は主張だ。

北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

アンジェリカ(Angelica)

セリ科の真打が開花。

なんだかぱっとしなかったセリナム・ワリキアナム、ここにきて急成長しやる気を見せていたが、とうとう咲いた。 日向、半日陰、異なった環境に数株を植えたがそのうち3年目にして3株が咲いた。 どちらの環境ともそれなりに美しく成長している。 まずは半日…

アマニュウの開花。

今、俺の庭ではビッグプランツ「アマニュウ」が咲いている。 やはりかっこいい、最高のオーナメンタルプランツだ。 これ系は、開花後その生涯を終えるのが一般的なのだが、なにやら聞くところによるとアマニュウは開花後も死なず、翌年再び生えてくることが…

最近のアマニュウ。

アマニュウがエライことになってきた。 空気を読むことなくどんどん巨大化し、全身を広げ周りのプランツ達を覆っている。 俺は毎朝こいつを跨いでいかないと出勤できないのだ。 正直若干煩わしい。 勢いはすごいが、今年こそ開花してくれるのだろうか。 もし…

アンジェリカ・ギガス。

セリ科大好きの俺が、エゾニュウの次に愛しているのがこいつだ。 アンジェリカ・ギガス。 今年もやっと姿を現した。 和名オニノダケ、日本の四国、九州の一部にも分布する。 とにかく俺はでかくなる植物が好きで、学名や品種名にギガス、ギガンティア、ゴリ…

エゾニュウの発芽。

昨年3月に適当に播いて放置していたエゾニュウがすでに発芽し、成長していた。 たくさん播いたはずなのにたった一個体。 エゾニュウは3mにも成長するセリ科の最大種で、北海道の夏の景観を象徴する偉大なるプランツだ。 これが群生している風景はかなり異…

アマニュウ。

やっと俺の庭にも春の動きが見られるようになった。 2016年度記念すべき初芽出しはこのお方、ミスターアマニュウ。 実に地味である。 アマニュウは北海道の景観を構成する重要なプランツの一つだが、やはり同じセリ科に属するエゾニュウ様の存在が偉大す…