読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭は主張だ!マニカタガーデンZ6。

「庭は主張だ」をモットーに、北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

エリンジウム・ネプチューンズゴールドの根伏せ。

先日なんとなく植え替えした際に、ついでに元気そうな根を何本か切って根伏せしておいたエリンジウム・ネプチューンズゴールド。 何気に覗いてみたところ芽が出ていた。 こりゃ一気に増産できちゃう感じだな。 なにやってもすぐ期待に応えてくれる丈夫なエリ…

エリンジウム、第2陣

エリンジウムのビッグブルーやネプチューンズゴールドといった雑種系に続き、原種系たちの開花が始まった。 やはりド派手な雑種系ばかり見ていると若干胃にもたれてくるわけだが、続いて咲いてくれる原種系たちの花が実に心地よく、やっぱり原種系っていいよ…

中南米組エリンジウム、その後。

北海道では越冬が困難と思われる中南米組のエリンジウム2種。 とりあえず元気にしている。 まずは南米原産のエリンジウム エブルネウム。 春、雪の下から現れた時は将来を絶望視してしまうほど弱々しく不憫であったが、その後はややスピードは遅いものの着実…

エリンジウム・ザベリーの2大巨頭、開花コラボ。

エリンジウム・ザベリーのビッグブルーが色付いてきた。 この人工的なメタリックブルー。 画像加工なしでこの美しさなのだから、キャバクラの広告とは訳が違う。 その横ではネプチューンズゴールドたちもイエローからブルーに変化してきた。 この黄金葉とメ…

ネプチューンズゴールドが満開。

とうとうエリンジウム・ザベリーのネプチューンズゴールド達の満開を迎えた。 しかし、この美しさ。 みんなも植えれば良いのに。

エリンジウム・ネプチューンズゴールドが良すぎる。

何はともあれエリンジウム・ネプチューンズゴールドが良すぎて、俺の心は毎日晴れやかだ。 こんな品種を作ってくれた作出者に、俺は心から感謝している。 もうすぐにでもノーベル平和賞をあげたいくらいなのだが、残念ながら俺にはそんな権限はない。 しかし…

エリンジウム・ビッグブルー。

こいつはエリンジウム・ビッグブルー。 ネプチューンズゴールドと同じアルピナムとボウルガティの雑種である「エリンギウム・ザベリー」の品種だ。 俺の大好きなエリンジウムの一つで、庭の中でもかなり良い場所に6株ほど植えている。 やはり、俺はどうして…

俺なら3千円で売りたい、エリンジウム・ユッキフォリウム。

エリンジウム・ユッキフォリウムが芽出し後順調に成長している。 株もどんどんでかくなっていて、そんな姿を見ていると俺はほんとに嬉しいのだ。 このユッキフォリウムは、葉の形状がユッカに似ているからその名が付いたようだが、筋金入りのエリンジウム好…

エリンジウムの黄金葉、ネプチューンズゴールド。

待ちに待った愛しのエリンジウム・ネプチューンズゴールドの芽出しが始まった。 こいつはエリンジウム・アルピナムとボウルガティの交配で生まれた「ザベリー」という雑種で、アルピナムの美しさを持ちつつもボウルガティの耐暑性を備えた、優れものの改良種…

エリンジウム・エブルネウム。

気温も安定してきたため、エリンジウム・エブルネウム(Eryngium eburneum)を覚醒させた。 俺はとにかくエリンジウムが大好きだ(プラナム系はあまり好きじゃないが)。 これまでエリンジウムだけで、中古のエレクトーンが買えるくらいの金を使っているだろう…