庭は主張だ。

北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

アンジェリカ・ギガス。

セリ科大好きの俺が、エゾニュウの次に愛しているのがこいつだ。

f:id:manicata:20160504204737j:plain

アンジェリカ・ギガス。

今年もやっと姿を現した。

和名オニノダケ、日本の四国、九州の一部にも分布する。

とにかく俺はでかくなる植物が好きで、学名や品種名にギガス、ギガンティア、ゴリアテ、マグナス、メガ、エレファントみたいな文字が入っていると問答無用で買ってしまうのだ。

つまりこの種に関しても、もう見た目など関係なく名前だけで俺の庭に来る運命だったわけである。

セリ科というと白花が多いイメージで、その形から白髪の老女のようだが、ギガスは異色の赤黒い花を咲かせるため、まるでパーマ屋さん帰りの派手なご婦人という感じだ。

f:id:manicata:20160505221806j:plain

これが不思議な異様さを放っていて、群生させたらさぞかし素敵で破廉恥な景観になるだろうと俺は思う。

その風景を夢に見つつ、俺は今実生でせっせと増産している。