庭は主張だ。

北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

日陰のスター、ロドゲルシア。

ロドゲルシアたちの芽出しが始まった。

f:id:manicata:20160509183120j:plain

和名はヤグルマソウ。

日本に自生していて北海道でも南西部なら姿を見ることができるが、残念ながら俺の住む街に彼らは住んでいない。

ヤグルマソウは日陰が好きな大型プランツ。

葉の形状やその出で立ちは素晴らしく、まさに自然が作ったアートといえる。

外国産の同属種やそこから作出された品種も市場に多く出回っているが、やはり日本原産種が一番かっこいい。

f:id:manicata:20160509175409j:plain

俺はヤグルマソウが大好きで、こいつの生態を知るために頻繁にネット検索をしているのだが、その度に画面上に現れて、邪魔をしてくる奴がいる。

そいつの名は「ヤグルマギク」。

この「ヤグルマギク」は非常に可愛らしくて、俺の大嫌いなタイプの花なのだが、こいつがなぜか一部で「ヤグルマソウ」と呼ばれているようなのだ。

説明を読んでいるとなんかトンチンカンな事が書いてるなーと思いきや、よく見るとヤグルマギク

ほんと紛らわしい、露木茂露口茂くらい紛らわしい。

一度JAROに話しを聞いてもらいたい案件だと俺はいつも心の中で思っている。

ちなみに一枚目の画像は昨年は1〜2芽くらいの小さな株だったが、今年はなんだか芽が出まくっていて、かなりエキサイティングに成長している。

こいつが今後どうなっていくのか、鼻血が出るほど楽しみだ。