庭は主張だ。

北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

ユキモチソウ。

この奇怪なプランツはユキモチソウだ。

今年もニョキニョキと元気に出てきた。

f:id:manicata:20160512215227j:plain

この状態では全く想像できないが、展開した姿は彫刻のように美しい。

近畿地方の一部と四国にしか分布していない貴重な種で、俺はいつも行く胡散臭い園芸店で死にかけているこの子たちを見つけ、すべて救出してきた。

 その花は仏炎苞というマシュマロのようなものに包まれており、これが自然の物とは思えない美しさなのだ。

ここに昨年の画像を貼ろうとしたが、なぜか撮っていなかった。

俺の庭では種も取れているので、そのまま採り撒きして実生苗も作っている。

ユキモチソウは森の中のシェードな場所によく似合う。

でも画像すら撮っていないってことは、実はあまり興味がないのかもしれない。