庭は主張だ。

北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

巨大海キャベツ、クランべ・コーディフォリア。

クランべ・コーディフォリア。

やっと芽出ししたかと思ったら、異常なペースで巨大化している。

こいつにはクランべ・マリティマとはまた違った魅力があり、もしスペースがとれるならぜひ植えるべきプランツだろう。

f:id:manicata:20160513230711j:plain

葉の形状や質感が、何となく不気味で気持ち悪く、またその容姿でウネウネとグングン巨大化していくため、最初は家族や近所の人達を不安にさせる。

このまま放っておくと、ラフレシアのような巨大でグロテスクで臭い花を咲かせ、地区を混乱に陥れるのではないかと考えてしまうのだ。

しかし心配は無用、こいつの花はカスミソウのようで驚くほど可憐。

この「葉っぱのお化け」みたいな奴から出てくるものとは思えないほどの美しさ。

俺はそのギャップがたまらない、まさにギャップ萌えってやつだ。

要所要所にドンッドンッと据えていきたい、庭の重要なキャストだ。