庭は主張だ。

おっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

美しきヒトリシズカ。

庭で今最も輝いているのがヒトリシズカだ。

この奥ゆかしさと可憐さ、「和」の魅力が満載。

f:id:manicata:20160513230039j:plain

ヒトリシズカはこの辺りにも普通に自生していて、木の下など半日陰の場所を好む。

近縁種のフタリシズカとよく比較されるが、俺はこのヒトリシズカの方が、醸し出す雰囲気が繊細で好きなのだ。

フタリシズカはよりワイルドで悪くはないのだが、なんだか大雑把でガサツな感じがする(主観)。

ヒトリシズカの学名は「Chloranthus japonicus」で日本の固有種。

ジャポニカス、日本が世界に誇れるプランツだ。

こんな身近にこんな素敵な種が暮らしていることを、我々はもっと知っておくべきだし、またその魅力を理解した上で、誇りを持って世界に発信していくべきだろう。