読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭は主張だ!マニカタガーデンZ6。

「庭は主張だ」をモットーに、北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

俺のフェイバリットプランツ、セファラリア・ギガンティア。

芽出しが遅かったセファラリア・ギガンティアがここに来てぐんぐん成長している。

こいつはマツムシソウの近縁種で、夏に株から茎がバカスカ伸びてきて黄色い大輪花をいくつも付ける。

名前のとおり巨大、開花時には2mを優に超えその全身像は鳥肌が立つほどかっこいい。

俺のフェイバリットプランツであり、庭の主役の一人。

f:id:manicata:20160518225903j:plain

俺は北海道の名ガーデン「十勝千年の森」でこいつらの群れに遭遇した。

その姿はよくイラストで見る「タコ型宇宙人」ようで、なんともSFチックで異様であったのだ。

まさに未知との遭遇であり、俺はその時の感動を忘れる事ができない。

あの風景を俺の庭でも絶対に再現する、そう心に誓った。

俺はそのシーズンからこいつらの種を残らず採取し、しかるべき時に備え実生苗を作っている。