読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭は主張だ!マニカタガーデンZ6。

「庭は主張だ」をモットーに、北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

北海道のキング・オブ・ユッカ、ユッカ・フィラメントサ。

こいつはユッカ・フィラメントサ。

f:id:manicata:20160526000110j:plain

北海道で地植え可能なユッカの中でも、最も適応度が高いのはこの種だ。

雪解け後の葉の傷みも少なく、特にケアすることなくどんどんでかくなっている。

とにかく環境の適応幅が広く、俺の庭では北向きの場所でも元気に育っている。

植えた時は小さな幼苗であったが、今ではこの種の特徴でもある糸状の「フィラメント」も現れてきた。

ちなみに和名は「イトラン」。

俺は他に斑入り品種もいくつか育てていて、これから作る新しい庭ではもっと違った役割を担わせたいと考えている。

正直、外見はそんなに好きではないのだが、北海道におけるキングオブユッカは間違いなくこのフィラメントサだ。

俺はこいつを大好きになれるよう、日々自分を洗脳している。