庭は主張だ。

北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

偉大なる雑草、ペルシカリア・ポリモルファ。

今年もペルシカリア・ポリモルファが煩わしくなってきた。

タデ科の宿命か、巨大な雑草にしか見えない。

特に春の芽出しの頃などは、「エゾノギシギシ」という外来種のくせに「エゾ」という名の付く、面倒くささトップクラスの雑草とよく似ている。

f:id:manicata:20160526000146j:plain

しかし奴さん、いつまでもこんな姿でボーッとしているような雑魚キャラではない。

こいつの真骨頂は開花時にあるのだ。

夏になるとフワッとした白く可憐な花をじゃんじゃん咲かせ、これまでの「でかくて煩わしいからもう抜いちゃおうかな」と思っていた事を心の底から後悔させるほど見事な姿になる。

俺は、心のふるさとでもある「イコロの森」で初めて素晴らしいポリモルファの姿を見ることができた。

俺はその素晴らしさに感動し、その場で2株の苗を購入し庭に植えた。

そして早々に一株抜いた(やはり一株で十分だ)。

偉大なる雑草だけあって、そう簡単に枯れることはないが、太陽と保水性のある肥沃な土壌が好きなようだ。

今年の夏もこいつの変身が楽しみだ。