読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭は主張だ!マニカタガーデンZ6。

「庭は主張だ」をモットーに、北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

チョウジソウたち。

チョウジソウは他のプランツ達に比べ、若干芽出しが遅い。

俺の庭では4種類のチョウジソウたちが暮らしているが、実に丈夫な奴らで適切な場所にさえ植えてやれば、後は自然任せで元気に育つ。

 

俺が一番好きなのは、やっぱり日本を含む東アジア原産のチョウジソウ、アムソニア・エリプティカ(Amsonia eliptica)だ。

f:id:manicata:20160602204357j:plain

 こいつは庭仲間からいただいた白花個体でけっこう大切にしている。

最近どんどん株もでかくなり、見応えが出てきた。

 

で、こいつはアムソニア・イルストリス(Amsonia illustris)

f:id:manicata:20160602204410j:plain

 

そしてこのスギナみたいのは、アムソニア・フビリヒティ(Amsonia hubrichtii)。

f:id:manicata:20160602204422j:plain

こいつだけで8株くらい植えているのだが、とにかく成長が遅い。

いつまでもスギナみたいにヒョロついているため、カメラのピントも全然合ってくれず俺はいつも困っている。

こいつは大株になると本当にかっこいいのだが、この調子だと先はまだまだ長そうだ。

そして、あともう1種類新規に導入したのもいるのだが、見た目はやっぱりスギナだ。