読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭は主張だ、マニカタガーデンZ6。

「庭は主張だ」をモットーに、北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

エリンジウム・ビッグブルー。

こいつはエリンジウム・ビッグブルー

ネプチューンズゴールドと同じアルピナムとボウルガティの雑種である「エリンギウム・ザベリー」の品種だ。

俺の大好きなエリンジウムの一つで、庭の中でもかなり良い場所に6株ほど植えている。

f:id:manicata:20160604220308j:plain

やはり、俺はどうしてもこいつらにはひいき目に接してしまう。

このビッグブルーは、初夏に花を咲かせるのだが、これがまたブッたまげるほど、深く輝くブルーで、表現するのが困難なほどクールなのだ。

 

俺の庭の子達も、この感じだともうすぐ花芽が上がってくる。

隣のネプチューンズゴールドも同様だ。

この同種異品種の開花コラボが見られるなんて、俺はすでに冷静ではいられない。