庭は主張だ。

北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

アルンクスたちの開花。

アルンクスたちが咲き始めた。

アルンクスは、とにかくどの種も容姿淡麗で素晴らしい。

花も白く繊細で美しく、庭のどこにいても必ず視界に入っていてほしいため各エリアに最低でも一株は植えておきたくなるようなプランツだ。

 

先頭切って満開を迎えたアルンクス・ミスティーレース。

f:id:manicata:20160702210608j:plain

 

小型種のアエツシフォリウス

f:id:manicata:20160703202900j:plain

 

咲き始めたばかりの大型品種。

アルンクス・シネンシス・チャイルドオブツーワールド。

f:id:manicata:20160703202907j:plain

 

新しい品種のギネアフォール。

f:id:manicata:20160702210022j:plain

俺の好きなネイフィーはまだかかりそうだ。