庭は主張だ。

北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

オスムンダ・レガリスの成長。

オスムンダ・レガリスの赤軸個体。

太陽と水をふんだんに与えられる環境なら、もっともっと大きくなれるはずだ。

f:id:manicata:20160709224008j:plain

このシダは西日が当たる決して良い環境とは言えない場所で暮らしているが、ほんとビクともしない。

強い西日が当たってもカラカラに乾いても、全く辛いそぶりすら見せず、常にポーカーフェースなのだ。

他のシダ類とは異なり、こいつには不気味なほど、とてつもない余裕感じる。

早く理想的な環境へと移動し、思う存分能力を発揮させてあげたい。

まだ手付かずの庭の整備が急がれる。