庭は主張だ。

おっさんガーデナーが、気に入った植物を気が済むまで植えながら、北海道らしいランドスケープを作り続けていく、そんな庭の話。

サングイソルバ。

ビッグプランツゾーンのワレモコウ達がすでに俺の背丈を超え、開花も始まりとにかく素晴らしいことになっている。

f:id:manicata:20160709230249j:plain

「カンシャン・クランべリィ」と「ピンクエレファント」。

株もどんどんでかくなり、株分けできそうな勢いだ。

こういうレア品種が成長し増えていくのは非常に嬉しい。

実は植えきれていないポット暮らしをしている個体もいるのだが、どんどん増やしていきたいと思っている。

理屈抜きにワレモコウが好きなのだ。