読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭は主張だ!マニカタガーデンZ6。

「庭は主張だ」をモットーに、北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

エキノプス。

エキノプスがらしくなってきた。

品種は何だったか忘れたが、すごく綺麗で気に入っている。

f:id:manicata:20160728232203j:plain

エキノプスは、その容姿があまりにも完成度が高いのと何となくベタな印象もあったため、正直あまり好きにはなれなかったのだが、何かの拍子に1株買って植えてみたところこれがぐんぐんと成長し、あっという間に素晴らしく立派な子になってくれた。

好感度も急上昇だ。

現在、隣のワレモコウ・カンシャンクランベリーの巨大化により、全身の半分以上が飲み込まれるという不幸な事態に陥っているが、腐ることなく健気に育っている。

 

しかしふと見渡してみると、俺の庭はエキノプスやらエリンジウムやらなんとなくアザミちっくなプランツたちに覆われている。

嗜好に強い偏りが見られる庭。

それが俺の主張なわけだ。