読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭は主張だ!マニカタガーデンZ6。

「庭は主張だ」をモットーに、北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

中南米組エリンジウム、その後。

北海道では越冬が困難と思われる中南米組のエリンジウム2種。 

とりあえず元気にしている。

 

まずは南米原産のエリンジウム エブルネウム。

f:id:manicata:20160803224543j:plain

春、雪の下から現れた時は将来を絶望視してしまうほど弱々しく不憫であったが、その後はややスピードは遅いものの着実に成長している。

今年の開花は1万%ないだろう。

そんなことよりも、今シーズンの冬も無事に乗り切ってくれるのか。

俺は不安でいっぱいだ。

 

こちらはメキシコ原産のエリンジウム プロティフロルム。

f:id:manicata:20160803224632j:plain

かなりカッコいい個性溢れる種であるため、なんとかこの庭で維持していきたいと思っている。

これから初めての冬を迎える、とりあえずはいつもの作戦で様子を見るつもりだ。

その陽気で情熱的なラテンブラッドで、今後の困難も乗り切って欲しいと心から願う。

あーうどん食いたい。