庭は主張だ。

北のおっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

樹木。

今はまだ庭の工事ができないため、植える予定の植物だけがどんどん溜まっていっている。

特に木はポットでストックしておきたくないため、とりあえず端の道路との境界部分の砂利だけ除けて、雑草の生い茂る中にどんどん植えていくことにした。

 

俺が一目惚れしたイギリスナラのコンコルディア

この美しい黄金葉が最高で、超かっこいいのだ。

f:id:manicata:20160828214800j:plain

 

同じイギリスナラのバリエガータ。

ドングリまでも斑入りで非常に可愛らしい。

f:id:manicata:20160828214812j:plain

 

大型の草本類も目隠しとしてどんどん植えている。

こちらはグリーンフェザーでお馴染みのユーパトリウム・カピリフォリウム。

データ上では耐寒性は問題ないのだが、俺の庭ではなぜだか毎年冬を越えられない。

f:id:manicata:20160828214824j:plain

再度挑戦。

 

セイヨウシラカバのロイヤルフロスト。

真鍋庭園で安かったので、車に無理矢理積み込み連れてきた。

f:id:manicata:20160828214831j:plain

 

幹はこんな色、成長とともに白くなる。

f:id:manicata:20160828214857j:plain

 

この銅葉がたまらない。

f:id:manicata:20160828214900j:plain

 

そしてユーカリ・グニー。

何とか冬は越したが、北海道で実際にユーカリが育つのかはこれから実験。

f:id:manicata:20160828214902j:plain

 

北海道で越冬できる唯一の「ヤシ」であろう、ミキナシサバルヤシ(Sabal minor)

順調に育ってくれることを祈る。

f:id:manicata:20160828214906j:plain

 

銅葉のヒマ、ニュージーランドパープル、他にギブソニーも植えている。

越冬は失敗しているが、再度挑戦。

f:id:manicata:20160828214910j:plain

 

スモークツリー・ベルベットクローク。

なんだかんだ言ってスモークツリーは好きで、他にオーレアとグリーンファウンテンも。

f:id:manicata:20160828214914j:plain

 

北海道でも実はイケちゃうパンパスグラス。

こちらはピンクフェザー。

f:id:manicata:20160828214925j:plain

 

悪名高き巨大ヨシススキ。こちらは銅葉種。

f:id:manicata:20160828214944j:plain

 

プンゲンス・ホプシー。

ずっと鉢植えだったけどピクリとも大きくなっていない。

f:id:manicata:20160828214947j:plain

まだまだ植えなきゃならん木があるんだけど、なかなか予定通りにはいかないもの。