庭は主張だ。

おっさんガーデナーが、偏った思考で気に入った植物だけを気が済むまで植えていく、そんな庭のお話。

裏庭。

裏庭では日陰のプランツたちが動き出していた。

 地味だが、愛着ある自生種たち。

まずはユキザサの群生、今年も見事に咲き乱れてくれるだろう。

f:id:manicata:20180427144510j:plain今年も姿を見せてくれた斑入りのヨブスマソウ、この後踏んづけてしまって葉が落ちる。

f:id:manicata:20180427144345j:plain

バイケイソウ、これも年々でかくなってきて非常にオーナメンタル。

f:id:manicata:20180427144356j:plain

ミミコウモリとエゾトリカブト

f:id:manicata:20180427144408j:plain

マイヅルソウ、かなり広がってきた。

f:id:manicata:20180427144420j:plain

サンカヨウ、花芽も上がり、もうすぐ開花。

f:id:manicata:20180427144435j:plain

斑入りオニシモツケ、大好き。

f:id:manicata:20180427144447j:plain

シラネアオイ

f:id:manicata:20180427144458j:plain

実生のエゾニュウ、今年は咲くかな。

f:id:manicata:20180427144523j:plain

今シーズンは半日陰のゾーンをさらに開墾してい予定。

完成したらここのプランツたちはもそちらへ引っ越し。