庭は主張だ。

おっさんガーデナーが、気に入った植物を気が済むまで植えながら、北国らしいランドスケープを作り続けていく、そんな庭の話。

オーナメンタルグラスたちの芽出し。

グラスたちがぐんぐん伸びてきて、心踊る日々を過ごしている(でも重度のイネ科アレルギー)。

とにかく俺はグラスが好きで、ガーデニングを始めるきっかけもグラスとの出会いがあったから。

それからというもの、グラスを求め花屋を巡り、様々な種を買い漁る日々を送ってきた。

ほんとこのままだと地域からグラスが無くなるのではないかと心配したくらいだ(全く無くなることはなかった)。

おそらく花屋の店員は俺が来店するたびに「あ、グラスの人また来たよ」みたいな感じでヒソヒソと話していた思う。

 ちなみに我がガーデンのグラスの割合は6割ほどで、グラス以外の植物もたくさんあるのだが、未だにグラス以外の植物を買うと「あれ、グラス以外も始めたんですか?」みたいなことを言われる。

その度に「いやいや、いつもグラス以外の宿根草も買ってるでしょ!」と伝えなくてはいけないこの一連のルーティンに正直うんざりしているわけだ。

おそらく俺の「グラスの人」というイメージは非常に強烈であり、排水溝の黒いヌメリのようにしっかりと店員さんの脳裏にこびり付いてしまっているのだろう。

まさに「サタデーナイトフィーバー」のイメージが強すぎて悩んでいたジョン・トラボルタと同じ心境。早く「グラスの人」から脱皮しなくてはいけない。

 

とりあえずこれまではグラスであれば何でもかんでも植えるというやんちゃな時期を送ってきたが、時が経つにつれ嗜好も安定し、抜いたり、足したりしながら種も絞られてきた。

しかし、一通り植えるとまた初心に帰ってしまい、つい先日までは飽きてゴミのように扱っていた種を、また急に愛おしく感じてしまう。この「ブームの再来」は必ず訪れることから、一度は戦力外通告を言い渡し引き抜いた種であっても、必ずポット植えで大事にストックしている。

2軍落ちしても、必ず再び日の目を浴びる機会がくることを俺が一番よく知っているからだ。

 

まあそんなわけで現在のグラスたちはこんな感じ。

まずはカラマグロスティス・ブラキトリカ。秋には素晴らしい姿になる。f:id:manicata:20180608203240j:plain

 

カラマグロスティス・カールフォスター。なんでも演じれる名品種。f:id:manicata:20180608203341j:plain

 

カラマグロスティス・オーバーダム。斑入り品種、単独植えが良い気がする。f:id:manicata:20180617101154j:plain

 

 スポロポルス・ヘテロレピスf:id:manicata:20180615173129j:plain若干成長が遅く、スカスカであったが、徐々に密集してきて美しいグラスへと変貌してきた。

 

ペニセツム・レッドヘッド。f:id:manicata:20180608203312j:plain実に丈夫で元気なグラス、昨年は穂がそれほど赤くなかったが今年はどうだろうか?

レッド好きの俺の期待を裏切らないでほしい。

 

ペニセツム・カーリーローズ 、美しい剛健種。f:id:manicata:20180608203448j:plain

 

ペニセツム・モウドリー。芽出しは遅めの、渋い品種。f:id:manicata:20180615173235j:plain 

 

そしてモリニア軍団。

まずはモリニア・ハイデブラウト。f:id:manicata:20180608203327j:plainしばらく2軍生活が続いていたが、ここに来て1軍へ昇格。

一周回ってやっぱり素晴らしいグラス。

 

モリニア・ムーアヘクセ。f:id:manicata:20180608203355j:plainこちらも2軍から昇格、成長はやや遅い。

 

モリニア・エディスダッチェス。f:id:manicata:20180608203411j:plain黒っぽい穂が上がってきた、なんだか良い予感がする。

 

モリニア・カールフォスター、俺好みの巨大品種。f:id:manicata:20180615173031j:plainスカイレーサーよりは扱いやすいサイズ感。

 

そして我が家では最も株数が多いデスカンプシア類。

我が庭の景観を司るメイン品種、ディスカンプシア・ゴールドタウ。f:id:manicata:20180608203424j:plain安定の美しさ、小型なので何個あっても困らない。

 

デスカンプシア・ノーザンライツ、美しい斑入り品種、こちらは群生がベスト。f:id:manicata:20180615172904j:plain

 

アンドロポゴン・スコパリウム、品種は忘れてしまったf:id:manicata:20180608203513j:plain春先のスタートはいまいちだけど、夏から秋にはしなやかな美しい姿に。アムソニア・フブリクティ、ロシアンセージ・リトルスパイヤーとの混植。

 

コリネフォラス・スパイキーブルー。f:id:manicata:20180615173150j:plain一時はものすごく盛り上がってたのに、今は2軍暮らし。

 

パニカム・ローツトラウブッシュ。f:id:manicata:20180615173203j:plain

 

パニカム・ハイリゲルハイン、美しい品種ですごくお気に入り。f:id:manicata:20180615173215j:plain

 

定番、パニカム・ヘビーメタルf:id:manicata:20180615173255j:plain

 

  ヘリクトトリコン・センペルビレンス、最近再び1軍に昇格。f:id:manicata:20180615173243j:plainアムソニア・タベルナエモンタナとバプティシア・パープルスモークと一緒のゾーンへ。 

 

ベニチガヤf:id:manicata:20180615173245j:plain

 

サッカラム・ラベンナエもぐんぐん伸びてきて、今年は雄大な姿を見せてくれそう。 f:id:manicata:20180615173332j:plain

 

サッカラム・パープルピープルグリーター。f:id:manicata:20180615173559j:plain昨シーズンは越冬できなかったが、今年は無事に芽出しを確認。 

 

ミスカンサス・パープルフォールf:id:manicata:20180615173459j:plain

 

やはり、剛健だったムーレンベルギア・レバコニー。 f:id:manicata:20180617230341j:plainカピラリスには散々な目に遭わされてきたが、レバコニーは全個体無事に越冬。

 

日陰の定番、オウゴンフウチソウ。f:id:manicata:20180615173538j:plain

 

こちらも日陰に地味に咲く、ルズラ・ニベアf:id:manicata:20180617230348j:plain

 

ビバ、オーナメンタルグラス!