庭は主張だ。

おっさんガーデナーが、気に入った植物を気が済むまで植えながら、北国らしいランドスケープを作り続けていく、そんな庭の話。

赤穂。

どうやら俺は赤穂系グラスが好きなようだ。

秋に庭をふと見渡すとあちらこちらで赤穂がなびいている。

 ミスカンサス・パープルフォール、ペニセツムのレッドヘッドにカーリーローズ。

f:id:manicata:20190322122858j:plain

どれも美しい。

 

こちらは救世主、ムーレンベルギア・レバコニー。

f:id:manicata:20190322122912j:plain

ずっと思い描いてきたこの赤のフワフワ、やっと我が家でもこの光景が見られるようになった。

 

赤系グラスのベニチガヤ、湿った場所でぐんぐん育つ。

f:id:manicata:20190322123042j:plain

 

秋は真紅に染まり、より美しい。

f:id:manicata:20190322123135j:plain

 今シーズンは株分けして、違う場所にも植えてやろ。