庭は主張だ。

おっさんガーデナーが、気に入った植物を気が済むまで植えながら、北国らしいランドスケープを作り続けていく、そんな庭の話。

2018年秋庭。

昨秋の景観はなかなか良い感じであった。

苗も成長し、これからは年を増すごとに良くなるはず。

f:id:manicata:20190322123221j:plain

当地は豪雪地帯で、プランツたちの冬の枯れ姿を楽しむ事ができない。

根雪になる前に刈り込みを行うため、この景観を楽しめるのは秋の短期間のみ。

f:id:manicata:20190322123142j:plain

 

モナルダなんて花よりシードヘッドの方が美しい。

f:id:manicata:20190322123145j:plain

 

この時期咲き出すホトトギス・ミヤザキ、この品種が一番好き。

f:id:manicata:20190322123231j:plain